あすも短歌の花が咲く

都樹野ひかりの短歌置き場です。

【短歌】小さな手紙

 「小さな手紙」

 

 桜餅の葉にふくまれた塩分があした私の涙にかわる

 ノラ猫に生まれかわって来世では煮干しが泳ぐ海辺で暮らそう

 薄闇の底に光はしらしらとあなたの石を照らしはじめる

 家じゅうを探しまわって見つからず開けた窓から来る青い鳥

 冬の日のこころの淵につもる雪 月には月の道があるから

 絹さやのすじを引きつつきららかな緑の風をわたしに招く

 渡り鳥のように世界を翔けめぐる未来の文字も雨に滲みるか

 

 

 ーー ☆ ーー ☆ ーー ☆ ーー ☆ ーー ☆

 

上記の短歌は、「月ノヒカリ」名義で2009年から運営してきたブログに、固定ハンドルネームでコメントくださった方のお名前を詠み込んだものです。

 

※参照:【短歌】小さな手紙 ――読者の皆さんへ(身近な一歩が社会を変える♪)